アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

新聞電子版ってあるんだけど日経以外の日本の電子版って潤っているの?

1060 views

medium_9268582026
photo credit: Bisgràfic via photopin cc

紙の内容をウェブにしただけではクリックしないですよね?

サービスの価格をセグメントごとに分割するのはどうでしょうか?

フルの閲覧で2,500円(地方新聞)〜4000円(日経)

2,500円!!!この金額どこかで見たことありませんか?
古くはレコードのアルバム → そしてCDの時代が来てiTunesの時代が来てどうなりました?

アルバムは音楽配信によって1曲から購入できるようになりました。

ところでネット課金で一番納得してお金を出す金額を知ってますか?

200円以上300円未満です。
Webサービスの月額課金に関する調査より
• 調査期間 : 2013年3月27日(水)
• 調査対象 : Fastaskモニタのうち、20代~50代の男女2,400名

iTunes 1曲 250円
CDが売れなくなって世の中はどうなりましたか?

新聞電子版サービスフル機能を2,500円から4,000円で提供していますが、電子版の記事は音楽と同じでコンテンツです。

よくある話ですが、サービスのすべての機能が欲しいユーザーは何人いますか?まったく押されていないボタンがあるかもしれません。

バラ売りするだけでは人は集まりません!

音楽は視聴できますが、新聞電子版はキャンペーン中しか試すことができません。

オーガニック検索によって辿りついた人が記事をクリック! 表示された会員登録を見た瞬間、サイトを去っていませんか?

medium_108042075
photo credit: Here’s Kate via photopin cc

導線をつくる

まず1日、1記事はタダで必ず読めるようにします。
これはサービスをリピートしてもらうための導線です。

2つ目の記事を読んでもらう

タイトルと写真を駆使して2記事目を絶対に読んでいただきましょう!
アイキャッチ画像が大きい方が良い気がします。

人気記事ランキング、類似記事など、一般的なニュースサイトや人気ブログの手法を取り入れていないサービスは、ここに命をかけなくてどこにかける!

色々と試しても結局、記事をクリックした時に、登録せよ!と表示されるのですが、この画面を見たユーザーに面倒や不安を持たせてしまったら終了です。

この画面では記事を読むためにどうするか3秒で分かり、短時間で登録終了できるようにしましょう。

 

プランの変更も視野に入れる

私はこんな感じにすると良いと思います。

例)5つの会員制度

ビジターA会員  300円で毎日3記事閲覧可能
ビジターB会員  1,000円で毎日10記事閲覧可能 気になった記事をマイページに保存する機能付
マスターA会員  1,500円で10記事プラス マイページ 過去記事検索機能が使えます。
マスターB会員  2,000円で10記事プラス マイページ 過去記事検索 おくやみ欄の閲覧機能
フルマスター会員 2,500円で記事見放題 マイページ、検索・おくやみ、フル機能

会員の名称、プランの中身、オプション、どこにお金を出したくなるのか?使う人の意見を聴いて下さい!

ここで離脱されるとサービスを細分化した意味がなくなってしまいます。

medium_5186783602
photo credit: Kevin Krejci via photopin cc

現在、サービスを利用する人が少なく苦戦しているのなら、このサービスを利用するユーザーをとにかく増やす。金額の大小に「コダワラズ」 会員登録していただく!

一度、登録していただければ、便利な使い方、オプションについて提案することができます。

とにかくユーザーとコミュニケーションを取る機会を得なくてはサービスは、はじまらない!

導線がなければ人はこない

どんなに素晴らしい内容や機能があっても、「使う人がいなければ」ひどい内容や機能の足らないサービスと同じ価値しかありませんお。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で