アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

ブログ記事にAMPを導入したらSearchConsoleとGoogleAnalyticsとWORDPRESSでやること

250 views

SearchConsoleでクリック数、表示回数、CTR、掲載順位をチェックしていたら、自分ではampに対応した覚えのないページを発見。でも自分がやったのは間違いない(苦笑)

 

通常のページとampのページで内容はまったく同じなのですが、クリック数も掲載順位もほぼ半々の結果を見つけてしまった。

 

これが一つに集約された方が良いのか?

 

ブログ記事でAMP対応したならば、GoogleAnalyticsもSearchConsoleもそれに対応しなくてはという話です。

SearchConsoleの検索クエリでクエリではなくページで表示

SearchConsoleで検索アナリティクスをチェックしたことで気が付きました。

通常はクエリで検索フレーズに対する掲載順位をチェックしていると思いますが、ページで表示させたところampページがあること、そのページと通常ページがあることを確認できました。

SearchConsoleから検索クエリ>

・クリック数
・表示回数
・CTR
・掲載順位

これらにチェックを入れて、クエリからページに切り替えます。

 

検索アナリティクス
SearchConsoleの検索アナリティクスを開くと最初はこの画面になっています。

 

クエリではなく、ページで表示させます。

 

検索アナリティクス
表示回数、CTR、掲載順位なども確認することができます。

 

検索アナリティクス
この画面を見たことでAMPページの存在に気がつきました。

 

記事のアドレスをクリックすると、その記事に対してクリック数、表示回数、CTR、掲載順位が表示されます。

検索アナリティクス
特定のアドレスをクリック。表示回数などにチェックを入れて、再びクエリで表示します。

 

これで、この記事に対する検索フレーズ・検索キーワード、クリック数、表示回数、CTR、掲載順位を一覧することができます。

 

検索アナリティクス
この結果はAMP記事ではないアドレスの結果です。

 

SearchConsole
AMP記事のアドレスに対する結果。先程の結果と内容がちがいます。

このページにはAMP実装エラーがあります

Google検索の結果

クエリ欄の検索キーワード・フレーズのリンクをクリックすると、検索結果へ移動します。

AMP実装エラーと表示されショックを受けました。これでは誰もクリックしてくれない。

「このページにはAMP実装エラーがあります。」をクリックするとSearchConsoleのAccelerated Mobile Pagesへ移動します。

 

Accelerated Mobile Pages
重大度が致命的と書かれては見ないわけにいきません。

内容を確認してみます。横の>>から移動すると該当するアドレスが表示されますので、それぞれを選択します。

SearchConsole
javaScriptが問題なようですが、再度テストしてみてることにしました。

 

SearchConsole
テスト中の画面です。

 

SearchConsole
有効なAMPページです。と表示されました。

Googleに送信すると検索結果に反映されると信じて送信

 

SearchConsole
順番待ちということでしょか!

どうやら待つしかないようです。。。。

なにかできることはないか?と考えました。

fetchasgoogle
そういえばAMP記事を作成した時にここでリクエストした記憶がありません。

 

Fetch as Googleからアドレスに/ampの記事をリクエストしました。

 

GoogleAnalyticsのすべてのページではAMP記事が表示されていなかった

GoogleAnalyticsでサイトコンテンツ>すべてのページ
これですべての記事に対する数字を見ることができると思っていたら間違いです。この数字にはAMP化した記事の数字が計測されていません。

AMP化することで表示速度などユーザビリティが向上。AMPページを閲覧してくださる利用者も存在している。

なのにそこへのアクセスが計測されていないから、記事へのアクセスが減少していると真逆の解釈をしていました。

 

新しくプロパティを作成してAMP記事を計測する

GoogleAnalytics
左下の管理を選択します。

 

GoogleAnalytics
真ん中のプロパティのすぐ下(この画像ではI am believerの部分)をクリックすると新しいプロパティを作成が表示されます。

これで新しいトラッキングIDが作成されます。

 

WORDPRESSのAMP記事へのアクセスを測定するには

プラグインを使うと簡単なようです。

facebook instant articles google analytics
facebook instant articles &
google AMP Pages by PageFrogというプラグインをつかいます。

更新されていないのがちょっと怖いのですが。。。。

このプラグインを利用するとWORDPRESSの設定項目にMobile formatsという項目が増えます。

Analyticsの項目からGoogleAnalyticsを選択します。

Facebook Instant Articles, Google AMP

先程作成したトラッキングIDとAnalyticsを有効にします。

 

Facebook Instant Articles, Google AMP

スマホで該当するAMP記事にアクセスして、GoogleAnalyticsのレポート>リアルタイム>概要を確認します。

これで数値を計測することが可能になりました。

AMP記事を増やしていった方が良いのか計測結果がある程度になってから検討したいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で