アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

不適切投稿は社会への絶望から生まれたのか?

40 views

不適切な行為を動画で撮影してSNSに投稿する。自分の未来と引き換えに彼等は何を得ようとしているのか?

問題とされる動画をみても、目的や意義を感じられない。頭のネジが外れ狂って自爆した。それだけなんじゃないかな。

何も変わらない毎日

目的もなく、夢や希望もない

何も変わらない毎日を繰り返し、何も変わらない毎日が訪れる

はじまりもしないのに、おわったような

だから自分がどうなろうと、結果がどうなろうとどうでもいい。

自殺者数が減少する中、※赤の他人を無差別に殺害する事件が定期的に発生している。※赤の他人 全く縁もゆかりもない他人。完全に無関係な人。

破滅に他人を巻き込むことが自分が生きた最大の証とでも思っているのだろうか?

誰もが知っている会社を巻き添えにして破滅するのも同じようなものだろう。

真面目にはたらいても幸せになれるようには思えない。どこで道を誤ったのか?どこで差がついたのか?どんどん格差が拡がっている気がしてならない。

支配する側と支配される側の「富の格差」が「事件の大きさ」だと感じる。富というのはお金だけではなく、幸運や幸福も含まれている。

商品・サービスをできるだけ安い労働力で提供し利益を最大にする。安い労働力に利益が還元されることはない。これは「富の格差」だと思う。

賃金が原因ではないと言う意見もあるが、バイト・パート・契約社員の賃金が安いのではなく、正社員とバイト・パート・契約社員の賃金格差が大きいのだと思う。一昔前とちがって今のバイト・パート・契約社員は正社員と同じ仕事や責任を背負っている部分もある。賃金に差があるのに責任の差はどんどん小さくなっている。

富に格差を感じる人が多数になれば、安全や品質を維持することがむずかしくなるのは当たり前だと思う。

消費税増税後、東京オリンピック後が心配でならない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で