アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

Googleウェブマスターツールでヘマやったら誰も来なくなった

1337 views

世の中には正しい使い方をきちんと調べなかったため、タイヘンなことになることがあります。
今回、そうなったのがGoogleウェブマスターツールの使い方です。

なんでもかんでもクロールさせれば良いってもんじゃありません。

アナリティクス

3/31セッション1。。。酷い酷すぎます(苦笑)

なせこうなったのか?

 

Fetch as Google

Fetch as Googleでインデックスになんでもかんでもブチコンダ

確かにインデックスされました。

ウェブマスターツール

この後、エラーのオンパレードでした。

サイト立ち上げ時にパーマリンクの設定が今とちがっていたので、インデックスされたファイル名と
実際のファイルがまったく一致しないことが原因なのか?クロールエラーの数が数百件

本当、404という文字だらけでした。

 

検索クエリ

検索クエリを見ると表示されないクリックされない(当たり前)
検索クエリ

エラーを無くせば許してくれるかも!?

こうしてウェブマスターさんからの信用をとりもどすべくエラーを起こしているインデックスを削除する作業がはじまりました。

 

 クロールエラーを無くせ

クロールエラー
クロールエラー488ってこれは酷い

 

それから来る日も来る日も、クロールエラーがあれば、削除のリクエストを送信する毎日が続きました。

 

スマートフォンの項目は気が付かなかった(苦笑)

ウェブマスターツールスマホ

 

今日も削除リクエストの作業です。

ウェブマスターツール削除リクエスト

削除リクエストしたら修正済み この繰り返しでウェブマスターツールさんが機嫌を直してくれました。

ウェブマスターツール修正済み

まとめ

実態がないアドレスや中身のないコンテンツをクロールさせたり、無理やりインデックスさせんじゃねえよ!
そういうことなんです。操作方法やその意味や仕組みを理解したうえで、運用することが大切だと実感しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で