アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

iPhoneやAppleが嫌いだとボッタクリと言いたくなる件

2071 views

ボッタクリ(ぼったくり)とは、店側の客への不正行為で、商品やサービスを相場を大幅に上回る価格で提供し、客を欺くことを指す。

ボッタクリ Wikipediaより

 

AppleやiPhoneというキーワードは魅力的

iPhoneイメージ

iPhoneという言葉のチカラはブログを読む人が思っているより相当強力です。スマホの記事を書きたいと思ったら、とりあえずiPhoneを見出しに入れる。それがAndroidの記事だとしてもだ。

Appleという会社に対して良いイメージがない方が記事を書けば批判的になっても不思議ではないし、別にそれに対して何も思うことはありません。

ただし、AppleやiPhoneを抜きに考えると、すご〜くボクは違和感を覚える。

儲かっている会社が暴利を貪り、ブランドという魔法で消費者を騙し、ライバル商品との差がない商品を高額で販売している。だからそんなブランドの商品は購入しないで、適正な価格で購入できる商品を購入しよう。

ボクはこういう風に上記の記事を読んで解釈したのだけど、みんなもぼったくりだと思いますか?

世の中に対して良いことをしている企業は儲けていてもOK。姑息な手段をつかい儲けている企業はダメ。これが1番言いたいのは理解できますが、その心情も考慮しても、商売とか価格に関しては、ぼったくりとはちがうと思います。

ただし、邪悪な行動が目立っているのに超人気で、人々はその邪悪な行動を知る由もない。そんな状況だとしたら、それはブランド価値に対するぼったくりだと言われても仕方ない気もします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で