アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

格安SIMってどうなんだろう!

 2017/07/12
1451 views
photo credit: tantek via photopin cc

流れが高速通信と無線LANなのは間違いない

使用方法としては、外では格安LTE(SIMフリーの本体入手して使用)とガラケーの2台持ちにして、通話はガラケーを使い、格安LTEのSIMカードを挿したスマホは、出来るだけ無線LANを使って最低限の通信料の維持を目指すとかなんでしょうか!

2台持ちで5,000円以内を達成できると、メジャー3社でスマホの購入・契約する意味がなくなります。スマホを買う場所が変わる!購入の流れが大きく変わることが予想できます。

消費税増税を前にして関心のあることといえば

節約と解約 家計のコストカットです。
食費のカットは悲しすぎます。現実的なのがスマホ節約
具体的には、料金・代金、電池、パケットです。
解約を見てみるとやはり通信費がコストカットの本丸みたいです。
au、ドコモ、ソフトバンク、フレッツと次々と解約に名を連ねます。

格安SIMによるLTEで通信料が安くなる?

格安SIMはプロバイダー、家電量販店が販売している通信サービスです。
調べてみると意外な企業も参入していたりします。

SIMフリーのスマホ、タブレットを購入した場合にどれくらいになるでしょうか?
人気機種で計算してみました。

Google Nexus 4 Black [LGE960.AJPNBK][2013年最新モデル]ソフマップで49,800円

icon icon

Google Nexus 7(32GB-LTE)(ASUS)タブレット パソコン工房で39,800円

icon icon

料金としてどうでしょうか?

プランA
・機種代金 49,800円
・2年間使用と考えた場合
ひと月あたり約2,075円
・格安SIM NTTコミュニケーションズ
月額料金980円
・500メガまで速度 112.5Mbps
・このプランで月額3,055円

・通話はガラケーか無料通話アプリを使用
・ガラケーとの2台持ちの場合+980円


プランB
・機種代金 49,800円
・2年間使用と考えた場合
ひと月あたり約2,075円
・格安SIM NTTコミュニケーションズ
月額料金1,580円
・2ギガまで速度 112.5Mbps
・このプランで月額3,655円

・通話はガラケーか無料通話アプリを使用
・ガラケーとの2台持ちの場合+980円

2台持ちでなんとか5,000円以内を実現できそうですね!

現在、パケット定額だけで5,000円ぐらい支払っていることを考えると何かが変わりそうな予感

ガラケーとタブレットという選択肢の場合 2年使用で更に約400円安くできます。
安くできそうなのは分かりましたが、問題は品質ですよね!

ではまた!格安LTEってどうなだろう?でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で