アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

ECサイトの“4分限界”を知らなかった為、お客様が購入を放棄していることも知らなかった!

1239 views

shopping-cart

例えばウェブで写真を購入できるというサービスがあるとします。

やってはいけないことは何でしょうか?

1.申し込みが出来るだけで、折り返しメールでやり取りしなくてならない
2.カード決済できない
3.ネットバンキングが利用できない
4.会員登録がないのに、本人の認証が必要
5.商品の送料がその場で分からない
6.商品の受け渡し方法がその場で選べない

 

お客様は注文してから商品が届くまで、どのくらいの工程と時間を要するのでしょうか?
さすがに、もうこんなサイトはないと思いますが(苦笑)

マーケティングゲート

http://www.marketinggate.jp/

マーケティングコラムのページは無料で読める参考になる記事があります。
例えばトピックスの中の

ECサイトの“4分限界”とは?

ネットで何か購入しようとして、購入する為の操作が4分間以上必要になると
購入せず、違うショップで買ってしまうという話が書かれていました。

ちなみに年齢が高くなると、ショッピングで必要な操作が、若い人よりも時間がかかるのは当然ですが、
若者はとにかく面倒な処理に時間がかかると、直ぐに操作を放棄するそうです。

timeout

オンラインゲームになると「デットタイムは3分」

その他、旅行サイト、保険サイト、オンラインバンキングなどのデータも掲載されています。

せっかくの販売チャンネルの一つであるウェブサービスです。
お客様が来ているのに商品が売れないとしたら、すごく残念なことです。
一度、サービスが出来上がったら終了ではなく、常に改善する努力が必要なんですね

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で