アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

キュレーションが増えてますが、その言葉に責任はあるのか?

 2014/03/15
1229 views

 
 

スクリーンショット 2013-05-10 14.27.40

人にには異なる視点があって、同じ内容で思考しても出てくる答えは様々です。何を基準に答えを出しているのだろう?経験?ひらめき?誰かのマネ?

アメリカで起きていることが、日本でも起きる?

それは、昔の情報伝達のことのように感じます。英字新聞を読んで、政治の世界を先読みして有名になった、「だいたいやねえ」っていう言葉とパイプを咥えた風貌が印象的だったオッサンが、活躍していた時代は数十年前の話です。

リアルタイムで情報が伝達する今、世界のどこで何が起きていても、それを知ることは、ほぼ平等に伝わるようになりました。ただ、ちょっと前にどこかで起きたことが、潮流となった時に誰が仕掛人で、どういう人々が恩恵を受け、どこにヒズミやユガミが起きるのか?それを制御して、流れを統制しているのがマスメディアの役目になっていると僕は思います。

一般人がネットを使って情報を発信することが当たり前になった今、流れの統制。。。早い話がプロパガンダですが。。。プロパガンダに対して誰が誰の為に行っているのか、すぐに分析や解析が行われ、まとめサイトに発信される流れが出来上がっているので、やればやるほど「もういいよ!」ってことになって「もう必要ない!」と思います。

「いらない情報」ってことになっている

肌でその風潮を感じて、読者や視聴者に歩み寄って 出来たのがソーシャルネットサービスでのやり取りをコンテンツとしたキュレーションだと思います。(元々、まとめサイト自体がキュレーションの先駆けだと思うしSNS絡みをキュレーションと呼んでいるだけなのかもしれない??? もうキュレーションの話は置いといて)

予知ではなく予測するしかない

超能力者は別ですが、予測する為の指標として「アメリカ」を推奨している分野はこれからもなくならないと思いますが、それは利益を追求するビジネスの話がメインであって、生活に密着したものになれば日本独自のあり方や、日本人が大切にしてきた精神を尊重し、日本人の感覚を大切にしている国内のサービスや情報が、指標として選ばれると僕は信じています。

「食べログ」の提訴の記事

匿名で気軽に「旨い」「不味い」と発信するのは気楽で簡単なことなのかもしれないが、店の看板を出して売上に貢献できるならという思いで「食べログ」というサービスに出店した経営者やそこで働く従業員とは、あまりに温度差があるのではないか!!と強く思います。

サイトの情報量や口コミがあつまらないくてはネットサービスが成り立たないかもしれない。しかし、それを恐れて、サイトに名前を出している店に大きなリスクを背負わせたままで、このサービスは続くのだろうか?

正々堂々と評価するようなサービスを実現するべきなんじゃないか!評価する側も実名で正々堂々とやるべきだと僕は思います。

Facebookでログインして使用するサービスが増えています。責任ある発言をキュレーションとして、サイトのコンテンツにすることができれば、サービスとしてワンランク上のものを提供できることができるのではないかと強く思います。

ビジネスとして成り立つのかは、まったく考えてないけどねw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で