アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

ブログに意味や価値や打算的なことを望み負けて去っていく人々

72 views

なにか目的をもってブログを続けている人にとって、結果が出ないことはつらい。ストレスにもなるし、もうやーめた!となる。実際、ブログが長続きしないなんて話はあふれすぎている。そもそもあなたはどうしてブログをはじめようと思ったの?

自分にとってのブログとはなんなのか?

雑記ブログより「個人ブログ」を目指しません?と問われ、これは自分に当てはまると単純に思ってしまった。他人の役に立つような記事をつくることが目標でした。他人の役に立っているのかどうかの判断は、オーガニック検索で訪れた人の数。記事を閲覧している時間。閲覧中に本文をコピーの有無。関連記事に遷移してくれた数。これらを判断の基準していました。

アクセスのある記事はほぼ決まっていて、検索されないような記事については本当に何のために書いているのか?誰に向けて書いているのか?

もちろん同じような境遇の人がいると思って書いているのですが、単純に検索フレーズとしては役にたたないことが題材になっていると、そこにも届かない。

Search Consoleから検索アナリティクスを見た時、「会社」とか「サラリーマン」というクエリが存在しない。そういう関係の記事を書いてもSEO的にまったく圏外(話にならない)記事をリライトして念頭にある人に届くようにとは思うけど、何の使命感や強い志を持ってやっているのよ!?と思う。

これは仕事ではないし、その反応を見て落ち込む理由もわからない。(実際がっかりはしている)

それと同時に、調べ物で訪問したサイトを見て思ったことがある。

よく解説されて助かったけど、もう二度と来ないかもしれない

誰かの役にはたったけど、面白いわけでも感動するわけでもないサイトには、問題が解決したら二度と行かないのではないか?こんなに丁寧に使い方や作り方を紹介しているのに、参考値ではあるけどSimilarWebで数値を見るとOverviewが表示されない程度だったりする。

では、なんで役に立つのに「二度と来ないかも」と思うのかを考えてみたら、面白いとか感動とかって単純な問題ではなくて、最近どこでも頻繁に聞くような「共感」なんて言葉が答えだったりします。

ニンジンが好きなウサギのイラスト

わかったブログさんに書かれていた。

「日記ブログなんて読まれない」という先入観がブログの常識として蔓延してしまい、個性のない同じようなブログが乱立してしまっている様な感があり、このような記事をポストさせていただきました。

「個性のない」というのが理由で、「共感が持てない」というのが答えなのではと考えています。個性がない人に共感を持つ人はいない。いくら役に立とうが便利だろうが「今回は世話になりました。はいサヨナラ!」って具合に二度ともどってくることはない。そりゃそうだ。

今回、これを書いていて気づくことができたのはラッキーだったなあと思う。

 
わかったブログ かん吉さんの本

 

ブログにとって必要な何に気がついたのか?

この文を書いている自分は生きています。でも、どんな表情でこの文を書いているのかは誰も見えない。でも、そんなこともどうでもいい。肝心なのは自分の考えや思いを、自分の言葉で伝えることです。

毎日、毎日、結果論や人の言葉尻に対して文句ばっかり綴っているようなブログが大嫌いです。でも、その大嫌いなブログが人を集めているのは、自分の考えを自分の言葉で発している。ただそれだけなんです。

まあそんなディスって目立つブログには絶対になりたくないし、真似するつもりもありませんが、「生きて存在している人のブログにならないとなあ」と書いて終わります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で