アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

WordPress5.0のブロックエディターが嫌だからSiteOrigin Page Builderを選択

149 views

もうどうにもこうにもWordPress5.0のブロックに馴染めない。柔軟なレイアウト構築が目的なのかもしれない。強力な、コンテンツ創造を体験してもらいたのかもしれない。しかし、自分にはこのアップデートによって「書く」という単純なことに気が回らなくなってしまったことの方が大きな問題なのだ。

WordPress5.0へようこそのスクリーンショット

これに慣れるしかないし、これから使い始める人にとってはそれが常識となるのも理解できる。実際、受け入れて使ってみて覚えていこうと思っても、気がのらない。だって人間なんだから

WordPress5.0の環境でもClassic Editorとうプラグインを入れれば大丈夫という記事をいたるところで見る。

WordPressでクラシックエディターのプラグインを検索した画面

じゃあそれでOKじゃんとなるはずなんだけど、5.0になる前のアップデート(4.9.5)からEditorの画面が壊れてしまった。(画面が半分に仕切られてしまった)

エディターのレイアウトが壊れてしまった

プラグインに問題があってレイアウトが崩れているのでは?プラグインをすべて外してみて直れば、該当するプラグインを特定できるなどなどググって解決策は出てくるけど、訳がありやっていない。

そうこうしている間に5.0が正式にリリースされてしまった。いやー困った困った。

今日、プラグインをアップデートして気がついたことがある。

Editor選択

「Site Origin Page Builder」が入っていると「投稿」を押した時に、「Block Editor」と「SiteOrigin Page Builder」のどちらのEditorを使用するか選択できるのさ!これでBlock Editorを使わないで文章を書くことができる。

ちょっと気になるのは、ブロックで文章を書くとソースコードの記述がそれとわかるようになっていること。これが良いのか悪いのか自分にはわからない。

Blockeditor使用時のソースコード

Block Editorで書いて、ソースコードを見ると↑こんな記述になっています。↓この記事のソースコード

実際にBlock Editorも↑使ってみたんだけど↑、なんか書くことよりも見た目に比重が置かれている印象が強い。表現方法が多彩になり良いことの方が多い。実際はそうなんだろうけど、今、こうして書いている感じとは本当にちがう気がする。

この気持わかってくれる人いますか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で