アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

WORDPRESSのThemeとpluginの両方にGoogleAnalyticsのコード貼ったすっとこどっこいは誰だ

572 views

WORDPRESSでpluginのThemeの2つにGAのトラッキングコードが貼ってあるという、非常に悲惨でショッキングでありがちな事故が発生していました。セッションは普通に正常なんだと関心したものの、PVと、2重貼りを発見するならココの「直帰率」は、修正した結果笑えない数字になりました。

WORDPRESSで1番ありがちな事故に自分がなっているとは夢にも思いませんでした。

WORDPRESSでAnalyticsのトラッキングコードを二重に貼ると直帰しないブログ完成

 

GoogleAnalyticsの二重貼りの犯人は、いつもプラグイン ALL IN ONE SEO

ThemeにGoogleAnalyticsのトラッキングコードを挿入していたのは、現在のThemeになってからです。それ以前は、pluginで対応していたのですが、それも途中から利用していませんでした。

今回、重複の原因となったのは、ALL IN ONE SEOです。これに関しては、同様の二重貼りの記事が山程出てくるので言及したくないのですが、「ALL IN ONE SEOの使い方」とか「ALL IN ONE SEOの設定」とかで検索して、その記事を見て設定してしまうとダメです。

GoogleAnalyticsのトラッキングIDを入力する項目があるので、そこで何も迷わず、「はいコピペ」とか「入力完了」とか、よく考えれば、オイオイどっかでも設定しているんじゃないの? 大丈夫? というような簡単なことが見抜けませんでした。

テーマはトラッキングコードを貼るし、プラグインはトラッキングIDを入力する。このちがいが、ちがいではなく同じことだと分かって下さい。(どうかこれからWORDPRESSを利用する人の役に立ちますように!)

ALL IN ONE SEOを入れて対策したから数値が改善と思ってしまった人もいるんだろうなあ^^; 

単純に2倍になるからス・ゴ・イですねって^^;そんな人は要注意です。

shit img
photo credit: Practice via photopin (license)

 
直帰率みて一桁とかあり得ないので、そこは確認して下さいね。

状況説明はこの辺りにして、この失態を機会として、変わらなくちゃと思ったのです。
 

WORDPRESSを利用していて、セッション数を上げたい

ショックで寝込んでいるのではなく、なんとか以前の数字に戻そうと、内部対策ということで、WORDPRESS内の投稿カテゴリーを細かく修正しています。

簡単に説明すると、以前はかなり大きな分類で分けていただけでした。

ビール大好きを例にとると、 https://iambeliever.biz/category/beer
という大きなカテゴリーの括りに、全部放り込んで終了でした。

これを今、ビールのメーカー別に分けたり、上面発酵ビールに分けたらどうかな? とか頭を悩ませています。
このカテゴリー名がスゴく大切だと思っています。

ちょっと、対策したカテゴリーがあるのですが、それもあってセッション数は伸びています。PV数は、本来のパフォーマンスが露呈した直後は、本当に1つ見たら離脱だったのですが、ちょっとづつですが、セッション数/PVも改善傾向にあります。

このカテゴリー分けの仕方にこだわることにしました。Google検索で、利用者が検索するキーワードの並びに近づけたいと考えています。

現状を理解することで、改善のための施策を考えようかとなるのですが、計測のための設置が正しくできていないと、本当のことが解らないので、本当にダメです。

ピンチから何かを得ようと、久々に必死になっています。

きちんとした記事の更新が出来ていませんが、現状はこんな感じということを報告しておきます。
 

プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で