アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

YouTube パートナー プログラムがアップデートされ資格停止

468 views

2018年1月20日 「YouTube パートナー プログラムのアップデートに関する重要なお知らせ」というメールが届いた。内容は以下のようなものだった。
 

本日発表となった新しい資格要件では、YouTube で収益化を有効にするためには過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上であり、かつ、チャンネル登録者が 1,000 名以上いることが必要となります。お客様の
YouTube チャンネル(bob386)はこの条件を満たしておられないため、残念ながら収益化の対象ではなくなります。これに伴い、今後 30 日以内に上記の条件が満たされない場合、YouTube パートナー プログラムに関連するあらゆる収益化ツールおよび機能は 2018 年 2 月 20 日をもってご利用いただけなくなります。本メールをもちまして、YouTube パートナー プログラム規定を終了させるための 30 日の事前通知とさせていただきます。

 

 
YouTube パートナー プログラムの概要で内容を確認するとこう書かれています。
 

2018 年 1 月 16 日、YouTube は YouTube パートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。詳しくは YouTube クリエイター ブログをご覧ください。

 

それにしても、チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人というのが、YouTuber(ユーチューバー)やクリエイターとして認められる基準になったのは間違いありません。

youtubeパートナー プログラム(YPP)の対象ではなくなります
 

YouTubeのチャネルの99%が前年に100ドル以下、90%は先月2.50ドル以下の収益

YouTube クリエイター ブログが英語なので翻訳してみると興味深いことが書かれています。

 

これらの変更はかなりの数のチャネルに影響を及ぼしますが、被害者の99%が前年に100ドル以下、90%は先月2.50ドル以下でした。この基準を満たさなくなったチャンネルには、AdSenseのポリシーに基づいて既に獲得した収益が支払われます。慎重に検討した結果、これらはコミュニティを保護するために必要な妥協であると考えています。

 

実際、100ドル以上になったことはありませんでした。
 
youtubeパートナープログラムでの収益レポート
 

基準額に達していなくても、これまでの分は支払われると解釈して良さそうですが、多数の収益化できていないチャネルには申し訳ないけど、「「これ以上は、びた一文払わないよ」ってことのようです。

賛否ありそうですが、管理や維持を考えると当然の判断だと思います。しかし、残念でもありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で