アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

Hi-STANDARD(ハイスタンダード)The Gift(ザ・ギフト)はオレは良いアルバムだと思う

1040 views

Hi-STANDARDのニューアルバムがついに発売された。まず言っておきたいのは、アルバムについての批評だ。

 

勝手に「若者にはアピールしない」「ダメだ」「良くない」と個人的な意見をタイトルにして印象操作するのはやめてほしい。

 

それはあなた達の意見だ。だからボクは私ってことを明確にしてほしい。

 

世の中に流通する商品や飲食店など、様々なものにレビューという批評があり、その結果を操作することはできない。自由なことだし誰もそれを縛ることはできない。

 

同じようにソーシャルメディアでの批評も操作できない。

 

しかし、ブログのタイトルにしてしまうと、個人的な意見としてよりも、全体としての意見のようにボクには聞こえてしまう。(そのブログを見ているユーザーが多ければ多いほど)

 

だからあえてこの記事のタイトルは「Hi-STANDARD(ハイスタンダード)The Gift(ザ・ギフト)はオレは良いアルバムだと思う」にしました。

 

Hi-STANDARD=伝説のバンド?

まず「伝説のバンド」について意見したい。

 

そんな勝手に人がつくったフレーズに左右されて、ああだこうだ言ってもしょうがないじゃない。

 

今の若者の多数が好んで聴いているバンド達。そのバンドの方々が影響を受けたのがHi-STANDARD

 

更にそのHi-STANDARDが「伝説のバンド」だと言えば、ある程度の若者は聴くだろうけど、アピールはしないだろうというような内容のブログ記事を見た。

 

なんか愛のない解釈だなあと思いました。それを書くのも言うのも自由だけど愛がないよね。

 

どこの誰がつくったフレーズなのか知らないけど、そんなもんHi-STANDARDはまったく意図としない。

 

ボクはそう思う。

 

アルバムのライヴツアーが予定されていて、若いバンドとの対バンツアーなのだが、それはマーケティングや集客的な要素から発展したものでないとボクは考えています。

 

会場のキャパとかは予定しているバンドの人気などは考慮しても、対バンに集客を頼ったバーター的ものだと考えるのは、Hi-STANDARDに対してすごーく失礼な話だと思う。

 

Hi-STANDARDのThe Giftは自分で聴いて判断してほしい

The Giftの1曲目 All Generationsでこう歌われています。

オマエの年が幾つだろうと

オレには全く関係ない

 

「オレたちロックするから今夜は楽しんでいってよね」それだけなんです。誰かを念頭に置いたマーケティングとか関係ない。

 

メンバーのこれまでの生き様から今のHi-STANDARDの音楽が作られている。ただそれだけのことなんです。

 

過去の名曲の焼き直しみたいな曲は必要ない。

 

自分が理解できないことをダメだと批判するのはやめよう。

 

君たちが理解できないこのアルバムをオレは好きだし、最初に聴いた時、心の第一声は「スゲー」「ハイスタってやっぱスゲーな」と思ったんだからさあ。

 

君たちが好きだったHi-STANDARDは、今、生きているんだ。

 

9曲目のWe’re All Glown Upより

 

オレたちは大人になってしまった

オレたちみんな成長したんだ

 

この曲ではそう歌われています。

 

過去のHi-STANDARDも好きだけど、オレは成長した今のHi-STANDARDも大好きです。

 

歌が主役に聴こえるのは2人のハーモニーが聴こえるから

アルバムを通して難波章浩と横山健の2人が歌を分け合いながら、時にハーモニーを聴かせる。活動再開後、この2人が一緒に歌う姿を観れたことが嬉しかった。

 

ANOTHER STARTING LINEがリリースされた時、泣きそうなくらい嬉しかった。

 

ハイスタの新曲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 発売前日に田舎にもCD並ぶ

 

今回のThe Giftがリリースされたことの意味はもっと大きい。ボクはアルバムがリリースされてやっとHi-STANDARDが復活したって認めることができた。

ギタリスト横山健

The Giftの中には単音のギターリフ的なものが多く感じられない。12曲目のI Know You Love Meはこれまでイントロでは聴かれなかったようなクリーントーンのコードワークからクランチぎみになってコード・カッティングという新しいHi-STANDARDを聴くことができました。

 

ギタリスト横山健を聴きたい。そんな人には11曲目のPacific Sunをオススメします。

 

なんとインストロメンタルなんです。

 

低音弦の開放を絡めた速弾きフレーズでじゃ~んとコードを鳴らして、次に高音弦でオクタブーブ違いの速弾きフレーズをかまします。

 

そこからはメタリックなベンチャーズって感じ!

 

この曲、バンドスコアが発売されたらYouTubeにアップする人が続出しそうな曲です。

 

なんともう1曲インストロメンタルがあるんです。

 

ラスト16曲目のCabbage Surfin’コードワークで歌ってます。これも弾いてみたい曲になりそうです。

 

まわりを巻き込んで人を動かすことがHi-STANDARD

 

 

The Giftのプロモーションで行われたこと

・駅の壁一面に巨大バンドスコアを貼った。
・コンビニのネットプリント利用して、をまだリリースされていない曲のバンドスコアをプリントアウト。(9月27日23時59分終了しました)
・ローソンと組んでエナジードリンクMONSTERを購入するとアルバムのステッカーがもらる。

 

これまで見たこともないプロモーションに動かされっぱなしです。

 

MONSTERを購入してステッカーをもらうまでは良かったけど、レシートを撮影するとプレゼントの応募ができるということに今日気が付きました。もちろん今までのレシートは捨ててしまったし。。。。

まだ期間中です。2017年10月9日まで

 

 

Instagramにアップしてみました。

 

the gift1

めちゃはしょった^o^ その1 #histandard #playthegift

dread386さん(@dread386)がシェアした投稿 –

the gift2

パーツごとに^o^ もっとテンポ速いかも ほとんど生音… その2 #histandard #playthegift

dread386さん(@dread386)がシェアした投稿 –

the gift3

 

あといろんなところでハッシュタグを見ますがハッシュタグは #playthegift にしましょう。そうすると下記のサイトで紹介されますよ。

 

 

では、Hi-STANDARDが大好きな皆さんThe Giftを楽しみましょう! The Gift Tour 2017で会いましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で