アイアムビリーバー

夢想家でも出来たことやったこと

macOS新品SSDにインストール YOSEMITEからMojaveでハマらない方法

2019/08/06
36 views




ググったりアップル公式をみてもハマったのでハマらない方法を残します。現行型のMacではなく少しだけ世代の古いものを使用している人のための記事です。(私MacBook Pro Mid2012をmacOS Mojaveで使用中)

新品SSDにmacOSをインストールする

    • 失敗したこと
      • ⌘ Command + Rで起動まではOK(macOS 復元システムから起動)
        • Time Machineバックアップから復元失敗
        • ディスクユーティリティーでの復元失敗
      • Option + ⌘ Command + R(インターネット経由で macOS 復元から起動)
        • 互換性のある最新のバージョンにアップグレード→Mountain Lionのインストールになった。。。。どこが最新なんだ(笑)
        • インターネット経由のインストールが遅くて話にならない
    • 成功したこと
      • option押しながら起動(Startup Managerを使った起動)

Time Machineバックアップは、バックアップされたファイルと同じOSシステムじゃないと戻せません。知らなかったので遠回りしました。ディスクユーティリティーによる復元も同じ理由だと考えられます。なのでお決まりの⌘ Command + Rでの起動が全く意味ありませんでした。

Option + ⌘ Command + R(インターネット経由で macOS 復元から起動)はwi-fiで試してMountain Lionというホント古いOSを死ぬほど遅いスピードでインストール。途中やめました。

「なんでこんなバカみたいなことしてんのだろ!」と思ったのに、懲りずに今度はLANケーブル挿して有線接続で、もう一度やり直すという。。。。ホントにバカなこともしました。

Wi-Fiだろうと有線だろうと、インターネット経由でmacOSを復元するのは現実的な時間ではないとボクは感じました。こんなこと試していたら数日間はパソコン使えなくなりまよ。

起動ディスクからインストールが1番はやい

MacBook Pro Mid2012にプリインストールされていたOSがMountain Lionだった?ということが思い出せません(苦笑)購入後、即YOSEMITEにアップデートできるタイミングだった?のかUSBメモリーにYOSEMITEのインストーラーを保管していました。(自分でやったことがまったく思い出せません)

macOSの起動可能なインストーラーからインストールを行えば数分から數十分でインストールが終わります。macOSの起動可能なインストーラを作成する方法

YOSEMITEからMojaveへアップデート

YOSEMITEからMojaveへのアップデートは、YOSEMITEがクリーンインストールされていて余計なものが無かったこともあり、思いのほか早く終わりました。

クリーンインストールの方が良いと思ったことがあります。

会社のiMacもYOSEMITEからMojaveにしたのですが、クリーンインストールせずそのままアップデートを行いました。なんか動きがもっさりしているし、AcrobatやIllustratorですぐ応答が無くなります。スペックの問題ではなく他に問題があるんでしょうね。

ビーチボールがまわって応答がありません」まさにこの状態です。改善できそうな感じですが、クリーンインストールだったらこうならなかったのかな?

家のMacBook Pro Mid2012はYOSEMITEクリーンインストールからのMojaveアップデートですこぶる絶好調です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で