アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

HDDからSSDに交換 動作確認済 MacBook Pro Mid2012

2019/08/01
32 views

この記事の内容

MacBookPro Mid2012をHDDからSSDに交換を考えたらこの記事です。動作確認済みのSSDと必要な道具の紹介。ていねいに写真も撮影しましたのでお役に立てること間違いなし。
  1. SSDと必要な道具
  2. HDDからSSDへの交換手順
  3. SSDへのインストール

SSDにすると起動がかなり早くなります。やる価値があるかないかはこの動画で判断してください。

再起動で速さを体感できました

SSDと必要な道具

SSDは検索して調べた情報とAmazonのレビューも参考にした結果、SAMSUNG 860EVOにしました。完全な動作をしていることは当然ですが、コストパフォーマンスも抜群でした(プライムデーで購入)

Anexドライバー2種類とSAMSUNG SSD 860EVO
この3つがないと始まらない

HDDからSSDへの交換手順

  • ネジの紛失には気をつけよう!
  • ネジは場所によって長さがちがう!必ず元の場所にもどそう
  • チカラが必要な箇所はない!強引な取り外しはやめよう
  • 場所に合った道具をつかう!
  • ネジの締めすぎに注意しよう!ネジ山はネジの命

準備が整ったら作業ですが、この記事を読みながら進むのではなく「最初にざっくりと記事に目を通してもらって」こんな感じかあと把握してもらってから作業を進めた方がスムーズです。

MacBook Pro Mid2012の底面
MacBook Proの底面です

本体の向きに注意してください。今回はずーっとこの向きで交換作業をおこないます。赤い丸の部分のネジを外します。

MacBook Pro Mid2012の底面のネジ
外したままの位置関係を維持したままネジは置いておきましょう

ダイソーに↑↑↑こんなのあったはずなんで探してみて!

ブラケットとコネクタを外し、HDDを取り外します。

MacBook Pro Mid2012の中身(HDD)
HDDは底面のカバーを外したら右上です

ブラケットを固定しているネジはプラスドライバーで外します。家庭用のもので結構ですのでネジの大きさとあうサイズのプラスドライバーで外してください。

MacBook Pro Mid2012のHDDを押さえているブラケットとネジを説明
この程度の長さまでネジをまわせば外れます

HDDを取り外します。HDDからネジを4本外してSSDに移設します。

MacBook Pro Mid2012のHDDを取り外すときに摘む透明なフイルム
半透明なシートを指で引っ張るとHDDが筐体から浮きます
MacBook Pro Mid2012のHDDとSATAコネクタ
HDDが筐体から浮いたらコネクタを外します

コネクタを外すときは慎重におこないます

HDDを外したMacBook Pro Mid2012の筐体
HDDの下側にケーブルもあります。作業は慎重に作業しましょう

HDDについていたネジを外します

MacBook Pro Mid2012に取り付けられていたHDD
このネジのネジ山は、一般的なプラスやマイナスではありません
HDDとアネックス(ANEX)T型ヘスクローブドライバーT6x50 No.6300
アネックス(ANEX)T型ヘスクローブドライバーを購入するときは型番に注意
HDDから星形のネジを外す様子
ペンチやバイスで挟んで回すよりも、きちんとした道具の方が早いです
HDDから取り外した星形のネジ
ネジをよく見ると星形をしています

SSDに外したネジを装着します。

SAMSUNGのSSD 860EVO
複数の動作確認をみて選びました
SAMSUNG860EVOに星形ネジを取り付けた様子
取り付けの際、同じネジをつかえばまちがいありません
SAMSUNG860EVOの裏側
きちんと4つ付けることで安定します
SAMSUNG SSD 860EVOをMacBook Pro Mid2012に取り付ける様子
ネジはまず写真上側から挿しこみますが、手順は下の写真参照
SAMSUNG SSD 860EVOをMacBook Pro Mid2012に取り付けた様子
取り付けの順番です
SAMSUNG SSD 860EVOをMacBook Pro Mid2012に取り付ける様子
元どおりに戻したら底面のカバーを締めて終了です

SSDへのインストール

ディスクユーティリティでSSDをフォーマットしたいので「⌘コマンド+R」を押しながら起動します。

MacBook Pro Mid2012 ⌘commandとRキーを囲ったキーボード
⌘コマンド+R
MacBook Pro Mid2012にSSD取り付け後、⌘command Rで起動した様子
この後、複数のインストール方法を試しました

絶対にやるのは、SSDをOSをインストールできるようにフォーマットすることです。インストールについてはハマったことも含め別記事にします。「Macの再インストールでハマらない方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で