アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

さよならWindows ハローUbuntu

693 views

久々に電源を入れたWindows7のパソコンが起動しませんでした。セーフモードでは起動できていたし、マスターブートレコードとかですよね。。。。

普段から記事作成はMacですし、ネット記事を読むのはスマホ(iPhone)でしたので、もうWindowsは必要ない。そんな気持ちになりました。

 

Windowsのシェア
世界的な規模で見るとWindowsのシェアが見事な右肩下がり。それに相反してAndroidが見事な右肩上がりです。

 

仕事等でレポートを作成するためにPowerPointを使っていましたが、これはOneDrive内のPowerPointで下書きして、細かなところは会社のパソコンで調整すれば良いので、家での作業では本当にWindowsは必要ないなです。

 

ウェブブラウザのシェア
マイクロソフトがIEと心中な感じですね。身近でもこれを使っているのは女性と中年以降の方です。

 

起動しないWindows7からファイルだけ救出したい

ubuntu
リナックスはたくさんありますが、困った時を考えると情報も多く。今後のロードマップもきちんとしていますので、やはりUbuntuが1番オススメです。

 

https://www.ubuntulinux.jp/

 

起動しない位ですから外付けのHDDケースに入れてMacにつないでも初期化しろと出ます。急遽、別のHDDと付け替えてインストールしたUbuntu(リナックス)をインストールしたPCでも認識しません。

まあこういう場合はググる訳なんですが、「linux usb hdd 認識しない」とか「「linux ntfs マウントできない」なんて検索フレーズだと、NTFSのファイルが読めない仕様なのではないか?そんな記事ばかりが出てきます。

しかし今回はこれが理由ではありませんでした。

検索フレーズをwindows hdd 認識しない linuxにしてみた

TestDiskというパーティション内のデータを正しく書き換えたり、マスターブートレコード修復することができるアプリケーションがあるという記事を発見しました。マスターブートレコードが修復できても、もうWindowsに戻る気はないので、生きている大切なファイルをUbuntu上に救出することが今回のゴールです。

UbuntuにはTestDiskが最初から入っているという記事を多数見かけコンソールから恐る恐る呼び出してみました。

apt-getで良いとか書いてあるけど本当にわからない(笑)

sudo testdiskではうんともすんとも。。。。ということで、sudo apt-get install testdiskと入力。これでインストールされたようです。次にsudo testdiskで無事にTestDiskが起動しました。

 

https://pctrouble.net/software/testdisk.html

 

http://uiuicy.cs.land.to/testdisk/tdisk01.html

 

S-ATAに直でつないでTestDiskでファイルだけ救助する

TestDiskが起動しましたが、USB接続の外付けHDDケースの中身が認識されない。。。。やっぱ直にパソコンに接続した方が良さそうだ。

直に接続したらあっさり認識しました。

TestDiskの使い方をググりながら参考にして色々と操作しましたが、救出したいパーティションを発見して、中のフォルダ名やファイル名を確認しましたので、Ubuntuのハードディスクにコピーして終了です。

testdisk
testdiskでntfsフォーマットのパーティションを探し、中のフォルダーやファイルをコピーして救出。(選んでCを押すとコピー開始)

 

無事に全ファイルを救出しましたので、次回はこのハードディスクを外して、MacのTimeMachine用のハードディスクとして利用しようと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で