アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

たいしてギターが上手でない私が試奏の時に注意していること

 2018/01/01
6970 views

♫ 試奏で弾くネタって何がいいの?

楽器屋で試奏している人を一度や二度、みたことがあると思います。

楽器の購入時、または、「あのギターどんな音ですかね?」「一回、弾いてみますか?」なんて流れで、試奏していたりする訳なんですが!

この場面で何を弾けばいいのか?というネタをよく見るんですが、本当に何を弾けばいいのでしょうか?

 

ギターを弾く

ここで誰かの曲を弾くとなると、その選曲のセンス次第で見る目も変わるし、対応も変わるような気がするのですが、どう思います?

あああっその曲は弾いちゃダメだろ。。。って人を見たことないですか?

もしくは、ちょっとまったく何を弾いているのか不明で、結構今すぐ弾くのやめてほしいかも(笑)って人も居ますよね!私も思われているかも(苦笑)

じゃああなたは何を弾くのですか?と聞かれたら、結構、ドキドキするんですが、

♫ 私が試奏の時に注意していること

1.背伸びして弾けないフレーズを弾かない
2.誰もが知っているような曲を弾かない
3.チョーキングする時はテンションの緩い場所でする
4.フレーズの終わりはビブラートで終わる

 

♫ 弾けないフレーズを弾かない

これは本当にやめましょう。練習するなら家で弾きましょう!誰かに聞かれていることを忘れてはいけません。

 

♫ 誰もが知っている曲を弾かない

誰もが知っている曲を弾くと、その演奏について容易に評価できてしまいます。コソコソ評価されるのも気まずいですよね(汗)

 

♫ チョーキングする時はテンションの緩い場所

上がり切らないチョーキングってすごく下手に聞こえます。なら少しでもチョーキングしやすいポジションでした方が楽ですよね!

ハイポジションで上がり切らないチョーキングにならないように気をつけよう!

 

♫ フレーズの終わりはビブラートで終わる

これはサッカーの最後はゴールで終わる!に言葉は似てますが、ちょっと違います。特に単音を弾いた時に、ビブラートがあるのとないのとでは、まったく印象がちがいます!

どんなに簡単なフレーズでも、速弾きじゃなくても、このビブラートがあれば、まったくの初心者ではないんだな!という印象になるんです。

初心者のみなさんも試奏する機会があると思いますが、この5つをまもれば、痛い目にあわずに迷惑もかけずに試奏することできと思いますので、試してみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で