アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

iMovieで演奏動画を編集してYOUTUBEにアップロード

7814 views

2014-02-25 16.57.40

以前、iPhoneでギター演奏を一発撮りしたのですが、途中でフレーズを忘れてしまい、なんとか思い出しながら弾いてみたのですが、かなり不自然な間があり「コレはどうしたものか。。。」と思っていました。

 

 

1.Macではじめての動画編集

iMovieを起動したこともありませんでしたので、YOUTUBEにアップロードされている、iMovieの動画を参考にして操作方法を学ぶことにしました。

 

はじめてiMovieをつかう時に参考にした動画

ナレーションなしで操作にたいする字幕で構成されている動画

movie credit: WiNtU520 HLInfo Ch
普段はコスメ関係の動画をアップロードされいる方の解説

movie credit: KawabatiLove

 

お題となる動画

フレーズを思いだせない元動画

 

修正後の動画

修正したのは、1分47秒くらいからです。

 

iPhoneで撮った動画をMacで編集する

最初にどんな動画でどう料理したのか、記憶を辿ってみると、こんな具合です。

 

 

1.iPhoneで演奏を録画

2014-02-28 3 35 02

 

 

2.MacBook Proへ動画ファイルを移動

・iPhoneからDropboxへアップロード

2014-02-28 2 59 07

 

・DropboxからMacBook Proへダウンロード

スクリーンショット 2014-02-28 3.38.35 スクリーンショット 2014-02-28 3.51.33

 

 

3.iMovieで編集

最初に新規イベントを作成します。

スクリーンショット 2014-02-25 17.06.34

新規ムービーを作成します。

スクリーンショット 2014-02-28 4.39.18

 

雛形を選ぶ 今回はテーマなしを選択しました。

スクリーンショット 2014-02-28 4.39.41

 

iMovieライブラリの中に作成したイベントと空のマイムービーが表示されます。

スクリーンショット 2014-02-28 4.40.59

 

メディアを読み込むをクリックしてiPhoneで撮影した動画を読み込みます。

スクリーンショット 2014-02-28 4.10.58

 

読み込まれた動画の中から必要な範囲をドラッグして黄色い枠で囲みます。そして+のボタンをクリックします。

スクリーンショット 2014-02-28 5.23.51

 

選択した部分が画面下のマイムービーと書いてあるエリアに表示されます。

スクリーンショット 2014-02-28 4.42.48

 

今回は音の編集もありますので、オーディオ 波形を表示にチェックを入れ、クリップのサイズを編集しやすい大きさにします。

スクリーンショット 2014-02-28 4.44.31

 

フレーズのつなぎが間延びしてしまった部分を波形を見ながらクリップを分割していきます。

スクリーンショット 2014-02-28 4.45.22

 

4つに分割しました。

スクリーンショット 2014-02-28 4.47.53

 

音を聴きながら、クリップの長さを調整して音のつながりをスムーズにします。

スクリーンショット 2014-02-28 4.51.58

 

動画ですのでクリップを分割して長さ調整すると、どうしても動きに違和感が出ます。

スクリーンショット 2014-02-28 4.52.36

 

今回は画面左下のコンテンツライブラリの中から視覚効果を加えることができる「トランジション」をクリックし「波紋」を選びクリップとクリップの間にドラッグします。

スクリーンショット 2014-02-28 4.53.18

 

4.ファイルに書き出し

出来上がった動画をファイルに書き出します。

ファイルメニューから共有→ファイルを選択します。

スクリーンショット 2014-02-28 5.01.33

 

今までiMovieは使ったことがなかったのですが、感想としてはWindowsMovieMaker同様、かなり使いやすく直感的に操作できる。

今回は、まったく高度なことも定番のタイトルや字幕などの編集をおこなっていませんが、本当に多彩な機能があり、実用的なアプリなのは間違いありません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で