アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

みんなが横山健について知りたいこと

1679 views

KenYokoyamaこと横山健さんについて、興味をもつ人は何を知りたいのでしょうか? Google AnalyticsとSearchConsoleから調べてみました。

KenYokoyamaこと横山健さんについてデータから興味を探る

準備すること

1.SearchConsole(旧ウェブマスターツール)とGoogleAnalyticsを紐付けます。
2.GoogleAnalyticsに検索エンジンを追加します。

 

実行すること

1.GoogleAnalyticsのオーガニック検索でキーワードを確認します

2.オーガニック検索でNot Providedになっているキーワードを予測します

3.SearchConsoleの検索クエリでキーワードを確認

4.Googleスプレッドシートへエクスポートし、GoogleDriveへ保存します

5.検索クエリ上で表示されているのにクリックされていないキーワードを確認

6.Googleスプレッドシートで、検索クエリを並び替え、キーワードごとに分けます

7.キーワードから需要と供給について仮説する

8.記事を作成する

 

準備すること

SearchConsole(旧ウェブマスターツール)とGoogleAnalyticsを紐付け

onsc4-compressor

GoogleAnalyticsから検索クエリを確認するための設定です。
GoogleAnalytics 「アナリティクス設定」 → 「プロパティ設定」 → 「SearchConsole」 → 「SearchConsoleの調整」 → 「SearchConsoleのサイト」 → 「編集」

編集をクリックするとSearchConsoleへ移動します。「SearchConsoleにサイトを追加」 ここで、数値を集計しているウェブサイトを追加、保存します。

GoogleAnalyticsに検索エンジンを追加

検索エンジン追加検索エンジン追加検索エンジン追加

GoogleAnalyticsには、日本固有の検索エンジンは標準で登録されていません。放おっておくと、登録していない検索エンジンからの流入に対して、自然検索のトラフィックとして取得してくれないのです。結構めんどうですが、1つ1つ登録していきます。

実行すること

すごーく多くのサイトで解説されているので、今更ですが、Ken Yokoyamaに特化していますので、お付き合い下さい!

オーガニック検索でキーワードを確認

Analyticsの期間設定こんな短い期間で大丈夫? という疑問もあると思いますが、あとの集計を考えるとこれでも充分だと判断しました。※ 最近のセッション数、ページビュー数のほとんどが横山健さん絡みなのでOK

オーガニック検索からキーワードNot Providedですが、Yahoo!もこうなるのかな・・・取得できている数は少ないですが、手動で登録した検索エンジンからのキーワードもあります。docomo au 楽天など。。。

Not Providedのキーワードを予測

オーガニック検索 Not Proviededの内容を予測セカンダリ ディメンションにランディングページを設定します。検索して訪問した場所はどこなのか?

オーガニック検索 Not Proviededタイトルをきちんと設定していれば、一目瞭然なのですが。。。。post-う~んこれ何の記事(苦笑)というものもありますが、それは右側の☑をクリックして確認します。

SearchConsoleでキーワードを確認

Analyticsから見た検索クエリこんなに表示されているのに、クリックされていない。機会損失というか、内容不足というか、内容がマッチングしていないと解釈され(descriptionで表示される説明が悪いのかな)、それが原因でクリックされなかった。そういうことかな

Googleスプレッドシートへエクスポート

ただ確認するだけであれば、エクスポートする必要はありません。
オーガニック検索をエクスポートエクスポートもExcelにして、OneDrive上のExcelでも良いかもですが、今回はGoogleスプレッドシートを利用します。

GoogleDriveにエクスポートimport This dataをクリックしても大丈夫です。

オーガニック検索 Not Proviededエクスポートされると、こんな感じで表示されます。

検索クエリをエクスポート検索クエリもオーガニック検索同様、スプレッドシートにエクスポートします。

検索クエリエクスポートするとこんな感じです。だいたいオーガニック検索のランディングページのタイトルと一致しています。

クリックされていないキーワードを確認

検索クエリ

スプレッドシートにエクスポートすると、Excel同様、並べ替えたり、分けたりできます。クリックされていないキーワードも「ナルホド」と、思うものもチラホラ。クリックされているキーワードと何がちがうの? そこから検証ははじまっています。

検索クエリを並び替え、キーワードごとに分ける

検索クエリ

「横山健」と「Ken Yokoyama」「ヨコヤマケン」を分類しました。やはりソートするのが楽でしょうか。

キーワードから仮説

検索クエリ ken yokoyama

これでいっきに見やすくなりました。横山健と言ったら、PIZZA OF DEATHと思ったら、ないし。Hi-STANDARDだろ? と、思っても、ハイスタンダード。どちらにしても引きは強くない。

横山健、個人というかひとりのギタリストしてどうなのよ? と、いうキーワードの方が強い。機材関係(ギターやアンプ)を知りたい人が多いのかな。GRETSCH(グレッチ)やGibsonはあっても、助六やkennyKingなんて登場しない。GRETSCHのセミアコをどこまで掘り下げるか?とかの方が良いかもしれません。コードっていうのは、シールドのことかもしれない。

現在の機材一式について調べて書ければ良いですね。ギター、アンプ、チューナー、弦、ピックなんかの基本的なもの。横山健さん本人のコラムやウェブサイトも結構充実していますが、細かいところの説明なんかを加えると、更に良いかもしれません。

記事を作成

Ken Yokoyamaの曲といえば? 最近のシングルや来月発売されるアルバムからの曲なんかが、キーワードになっていることにも注目です。アルバム売れそうですね。しかし、曲といえば「Believer」なんです。そしてこれから取り上げるならオススメは、「過去にカバーした曲と元アーティスト」なんかが良いと思います。次はこれをネタにしてみようと考えています。
 

まとめ

キーワードを詰め込んだような記事は、「まとめ」にはいいけど、個別のキーワードを丁寧にひとつひとつ記事にしていった方が、最終的には濃い集合体になると考えています。これにGoogleトレンドも含めると、タイトルに何が必要なのか色々と試すことができそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で