アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

知ってた?フォトショップやイラストレーターの起動画面ってスプラッシュスクリーンっていうらしいよ

3074 views

今日、フォトショップとイラストレーターのアップデートをしたら、起動画面がかわりました!そこでふと思ったのですが、コレって毎回、誰の作品なんだろう?それを調べていたら、起動画面の呼び方がわかりました。どうでもいいけど、知らない人が多いのではと思いご紹介します。

起動画面の作者とデータの確認方法

まずはIllustrator(イラストレーター)
Illustrator2015.3の起動画面
なんとか氏の作品 「詳細は製品情報をご覧ください」って書いてあるんですね。今まで、確認したこともないので、まったく気にしていませんでした。

Illustrator2015.3の起動画面
Macはアップルマーク横のIllustratorCCよりIllustratorについて…を開きます。「スプラッシュスクリーン」って書いてますね。

Illustrator2015.3の起動画面
リンクをクリックするとBehanceというサービスに飛びます。

Behanceってなんだろう?Adobeが運営している。作品を公開するソーシャルネットサービスのようです。

 

 

Illustrator2015.3の起動画面
giulio iurissevich氏(読めない。。。。)のBehance(実は読めない。。。。苦笑)が開きます。

読めないと書くのは恥ずかしいので、右クリックしてスピーチで読み上げを開始して確認しました。
Behanceはビハンスっぽいです。(名前はイタリア人の方みたいで、ちょっと無理みたいです)

Illustrator2015.3の起動画面
サムネイルをクリックすると、このように大きな画面で、スプラッシュスクリーンに採用されている作品を見ることができました。
つづきまして、Photoshop(フォトショップ)
Photoshop2015.5の起動画面
フォトショップのスプラッシュスクリーンです。

Photoshop2015.5の起動画面
フォトショップもアップルマーク横のPhotoshopCCのメニューよりAdobe Photoshopについて….を開きます。

Photoshop2015.5の起動画面
リンクをクリックすると先程のイラストレーターと同じにBehance(ビハンス)が開きます。ブラジルの方ですね。

Photoshop2015.5の起動画面
サムネイルをクリックすると大きな画像で確認することができました。下の方へスクロールしていくと、作品の制作過程が動画ダイジェストで公開されていました。

フォトショップ、イラストレーターの起動画面(スプラッシュスクリーン)は、これまで、⌘+Shift+4でキャプチャーしていたのですが、きちんとした画像として公開されている場所があると知りました。(Behanceビハンス)他にも素晴らしい作品がたくさんあるので、時間がある方は見てみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で