アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

ASAHI スーパードライ エクストラ シャープを美味しく飲む方法

5333 views

エクストラコールドろ過製法で作り上げた「アサヒ スーパードライ エクストラ シャープ」このビールをいつもの通りに飲んで失敗しました。作り手の意図をまったく理解していなかったからです。

普通に飲んでどうだったのか? 本当はこういう飲み方だろうな? を紹介します。

普通のスーパードライとのちがい

asahi super dry extra sharp
 
なんといっても、エクストラコールドろ過製法。
 
そのヒントはエクストラコールドにあります。


エクストラコールドとはビールの提供方法・飲み方のひとつで、通常の樽生ビールの提供温度である4〜8度程度に比べてさらに低い温度に設定した、「摂氏マイナス2度〜2度で提供する樽生ビール」とアサヒでは定義している


 
単純にこのエクストラ シャープも摂氏マイナス2度〜2度で飲むのが、1番美味しい気がしますね!
製法の話ですが、氷点下でろ過すると何がちがうのか? 調べまくりましたが、見つけることができませんでした。(アサヒの方!もし良ければ教えて下さい)
 
asahi super dry extra sharp
 

ただ冷蔵庫から出してきて飲んだ

asahi super dry extra sharp
 
超辛口と書くほどのホップ感は強くない。
コップにそそいでいるのに、コップの最後がアルコールっぽい気がした。
麦芽のテイストは薄い。
冷やして一気に注ぐってイメージかな(やっぱりそうなのね)
泡の感じは結構、きめが細かい。舌に強いホップ感を感じる。
 

エクストラ シャープ二杯目

asahi super dry extra sharp
 
2杯目は、喉にホップ感がキタ!
asahi super dry extra sharp
 

ツマミは何があいますか?

asahi super dry extra sharp
 
ビールのテイストはそのままで、個別に味を楽しめるツマミにしたい。そんな方には、塩気が強くないツマミがオススメです。塩気が強いとビールがより一層辛く感じるかな。(ボクだけでしょうか?)
 

実は死活問題かもしれない

若者のビール離れという言葉を聞きます。なぜビールが好まれないのか? その答えは、「苦味」です。実際、「にがい」とはちょっと違うと思いますが、言葉で表現すると「にがい」という言葉になる。

アサヒスーパードライ』は、”辛口””ドライ” でここまで浸透してきましたが、“辛口”“ドライ” の大きなハードルとなるのが “若者” なのではないか? そう思います。
 


「氷点下のスーパードライ」として、スーパードライを0度からマイナス2度と凍結寸前まで冷却して提供しており、通常のビールに比べ「苦みが感じにくくなり、ビール離れが進む若者・ビールが苦手な人・女性層に支持されている」傾向がある。


 

さいごに

舌で味わいながら飲むより、喉で飲む方が合います。マイナス2度〜2度で飲みましょう。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で