LinkSwitch

アイアムビリーバー

ギター練習とDTPとウェブ解析

アベガーメディアの養分は高齢者

22 views

元財務官僚で経済学者の高橋洋一 氏のYouTubeでの解説がめちゃくちゃわかりやすい。マスメディアがすべてわかって報道していたとしたらかなり問題がある。本当に安倍元総理と昭恵さんの問題だと思っていたとしたら、事実確認の能力がめちゃくちゃ低い。高橋洋一氏のYouTube動画「赤木ファイル開示 森友問題の事実は佐川OUT」 についての記事です。

モリカケ連想の「何とか記者」ってあったけど

以下は、高橋洋一氏のYouTube動画「赤木ファイル開示 森友問題の事実は佐川OUT」 の書き起こしです。

この森友学園問題っていうのは今から4年ぐらい前ですかね。えっと朝日新聞があの国有地を非常に安く売ったっていうのを、まあスクープしたってところから出てますね。国有地を安くした相手方が籠池さんって人で、そこには昭恵さんがちょっと関係してたというので大きな話題になりましたね。

今回その事件と関係あるんだけど。森友のお安く売ったって話と別に、財務省の方からあの文章改ざん。決済文書の改ざんっていうのを、財務省本省から近畿財務局に指示して、その指示して実際作業をしている人の一人が赤木さんって方で、非常に精神的に打撃を受けてそれで亡くなられたっていう話で、本当に痛ましい話ですよね。

その赤木さんって人は多分非常に几帳面な人だったんでしょう。いろんな本省からの指示をきれいにまとめたファイルがあった。でこれを赤木ファイルという。

今の段階で開示したっていうことなんだけど、この話については、その指示をした佐川局長っていうのが訴えられててて裁判中なんですよね。だからその裁判との関係で赤木ファイルの開示を。開示つってもそれを遺族に渡すだけ。それを遅らせたっていう話になってるんだけど。

はっきり言うとですねこの赤木ファイルって個人のファイルですよ。遺族のものだから、返すの当たり前だと思ってて、なんでこんな遅いのかって正直思ったくらいですよ。個人のファイルなんで遺族の方が返してって言ったら返すに決まってるじゃないですか。個人のファイルなんだから。こんなの遺族のものに決まってるじゃないですか!っていうのはまず思いましたね。

今になってるのはちょっと遅いなって思うんだけど、ももともとこういう書類があるのは財務省もよく知ってた。今回のこの赤木ファイルで新しい事実が出るって事はないと思いますよ。

今回の経緯について、その2018年の6月かな財務省の報告書でてるから、この顛末をね。その時に当然この赤木ファイルっていうのはあるの知ってたから、それと同じ内容をチェックしながら出してるんで全然違う話が無いとは思わないですね。

その顛末を見るとね非常に、あのーなんてかなあ、すっきりしてるし、その後2018年 の報告書にも書いてあるんだけど。財務省の方が指示をしているのが、実はえっと2月の下旬なんだよね。

この問題というのは最初に整理すると、2017年の2月の9日に朝日新聞がスクープで出しているわけ。そういうふうに2月の9日って段階は、実は2月の中旬以降はね予算審議なの。

だから役所から見たら2月の頭にそういうが出たらしっかり勉強する。予算委員会国会が始まる前だから、国会が始まる前にそういうのが出ていたら一生懸命勉強して、国会で答弁が詰まらない様勉強するってのは普通ですよ。

2月頭なんだだもん。

2月の中旬以降予算委員会が開かれるから、予算委員会っていうのは総理が出てくる。そこで答弁をするから官僚にとってみたらね。ここはもうなんていうかな。あの仕事として最優先ですよ。

2月の9日に朝日新聞が出て、私の後経緯見たら2月15日に一番最初財政金融委員。これは総理でないの。そこで佐川氏が朝日新聞の話について質問を受けてる。私がそれ聞いた時に「こいつ答弁ミスったかな」って正直思った位。

普通の官僚だったどうか?2月中旬以降予算委員会あるのは確実だからねぇ。一生懸命勉強して。これでこの話っていうのは近畿財務局の話だからだから。まず近畿財務局の決済文書を取り寄せる。決済文書全部取り寄せるって言っても、全部で100ページもいかないからまあ役人だった簡単に読める。それ読んでそれで答弁をどうしようかって考えるのが普通。

佐川氏の2月15日の答弁を私を聞いた時に「ああああ凄い不勉強」私の役人の感覚としてね。あることについて答えられなくてね。

森友の話というのはマスコミの報道は「安く売った」本当は10億だったの9億値引いた。結果がそうじゃなくて、実は同じ土地がね東西に分かれている。右と左っていう感じでね。これでまったく一筆の土地だから同じ土地なんだよ。

これで右は豊中市かなり前に売ってて「左の土地」を籠池さんに売っている。豊中市に売った時に、その後に公園だったけど地下からゴミが出てきている。地下にゴミがあるって言うのは一筆の土地でそのところは、昔、ため池みたくなっていたからゴミを埋めたのみんな知っててやっぱりって思った。豊中の方には実は高く売っちゃったんだけど、あとで補助金だしている。実質上豊中に売った土地っていうのはほぼタダ。

だからそれを経緯を知っていたら左の土地を籠池さんに売る時にどういう風にやるか?「役人の定石」常識みたいな話なんだけど、右のそういう経緯がわかってたら「ゴミが埋まってます」っていうので入札をかける。

そしたらどういう答えになるか?

右の土地がタダでしょ。左の土地、多分1000万とかそういう値段しかつかない。そしたら10億て言わないで済むので値引きする必要もないの。

これが答えなの。

でもそれを近畿財務局がやらなかった。サボっちゃった。普通の様に籠池さんに売ってしまって、後で経緯を調べてなくて値引いた。

それを値引いたからマスコミは「昭恵さんがいたから」値引いたでしょって言う。正しくは入札をかけてくれれば値引く必要はなかった。入札かけなかったから、あとで値引かざるを得なくなった。

近畿財務局の方は入札までやり直すことはしないで、「あとの値引きんところだけはきちんとやりました」っていう事だけ言ってる。

それが書いてあるだけだ。

こういうふうに説明すればどってことない話なんだけど、佐川氏はちょっと最初は答弁であの2月15日の時に、質問者の方は豊中に売った土地と両方の比較を言ってる。答えられてないんだよ。

っていうことは私の推測は「彼は過去の経緯を調べないで答弁した」それでまぁ適当なこと結構行ってるんだよ。その後にそれで2月の下旬になったときに、2月15日の後に2月17日に予算委員会あってね。ここでもちょっと危うい答弁が、危ういんだよ答弁が、それで安倍さんが助け舟を出す感じで「そんなことあったら私は辞めますよ」と言ってる。

あれはね答弁の怪しいっていうのから言ってる。その後答弁がミスったっていうの佐川氏も気がついたと思う。

答弁ミスっちゃって、だから本来は先に決済文書を読んでそれに合わせて答弁すれば良かったのに、自分の答弁に合わせて決済文書を書き直せっていうのを2月の下旬に指示している。2月の20日以降だったかな。そこで指示してるの。

2月の下旬以降の経緯が今回の赤木ファイルに書いてある。赤木ファイルでやるよりかもうちょっと前を調べないと本当のことはわからないんだけどね。

私のいう答えは「佐川氏が一番最初過去の経緯を調べないで答弁したってチョンボ」その保身のために決済文書を書き直した。

一番最初に勉強をしておけば、最初に決済文書を読んでおけばあんな答弁しない。しておきなさいってこと。

2月の頭に新聞が出た時に現地の決裁文書全部。近畿財務局の仕事だから本省には無いから。全部取り寄せて、それで後でこれが外に出ると前提にしながら答弁を考える。それしてないもん。

そこをちゃんとやっていればこんな大騒ぎなることも全然ならない。私みたく説明したらどうってことないよ。もし、近畿財務局のやり方で問題があったとすれば「入札にかけなかったことだけ」入札にかけなかったんだけど、これはもうやりようが無いから、東の土地と同じような意味で「東の土地には補助金与えて豊中市だから補助金与えたんだけど」それと同じような手続きをしましたと言えば終わる。

結構簡単でしょ。

ゴミが埋まっていたんだから値引きせざるを得ないでしょ。それは豊中市にやりましたから、それと同じようにやりましたって言うだけ。

やっちまいましたね。

変な答弁しちゃってそれに後で自分の答弁に合わせて、決済文書書き直せって言っちゃった。これはもうアウト。役人としては完璧アウト。ちゃんと勉強しておきなさいってこと。

高橋洋一チャンネル

馬鹿みたく陰謀論で騒いだせいじゃないかな

近畿財務局の赤木さんがお亡くなりになっています。この件に関して原因を安倍晋三元総理及び昭恵夫人にあるのではという誹謗中傷を多く見てきました。自分達に都合が悪い人物に対しては容赦がない。情報操作を武器に存在を抹殺するまでバッシングを行う。事実や真実はどうでもよく、都合の良い材料が見つかれば圧倒的な情報量で既成事実化する。一言で言えば「キモい」

高橋洋一氏の解釈だと「佐川氏の勉強不足で答弁をミスって、決済文書を答弁に合わせろって指示」でした。マスメディアの中の人達も勉強不足なのかもしれませんね。