アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

Adobe InDesign体験版を使って1週間で年賀状の宛名印刷をしよう1

127 views

AdobeCreative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)通称アドビCCは年払いや月払いができるサブスクリプション方式のサービスです。このサービスではPhotoshop、Illustratorをはじめとするデザインツールを常に最新版で使用することができます。今回はこのサービスの試用期間となる7日間で「年賀状の宛名印刷」終わらせてしまおうという記事です。

宛名を印刷するアプリケーションは数多く販売されていますが、無料で高度なアプリケーションを利用できてしまうアドビCCを利用しない手はありません。

Adobe InDesignCC(アドビインデザインCC)の導入の準備

InDesign体験版ダウンロード
コチラからInDesign体験版をダウンロードします。

InDesign体験版ダウンロード後
今回はWindows版で解説しています。ダウンロード後、インストーラーInDesign Set-Up.exeをクリックしてインストールを開始します。

InDesign体験版インストール
実行をクリックします。

アドビIDを作る
Adobe IDを登録してつくりましょう。「Adobe IDを取得」からダイアログに表示されるまま進んでいくとできます。

InDesign体験版インストール開始
Adobe IDでログインして、やっとインストールを開始することができます。

InDesign体験版インストール中
パソコンのスペックによりますがインストールにはある程度の時間が必要です。

InDesign体験版起動中
インストールが終了し起動すると↑こんなスプラッシュスクリーンが表示されます。

InDesign7日間の体験版を使用開始
「InDesignCCの7日間の無料体験版を使用開始します。」が表示され、「無料体験版を開始」をクリックしますと7日間のタイムリミットが動き出します。

年賀状のプリント領域を確認
次回は ↑ レイアウトのつくり方です。

流れとしては

  1. レイアウト作成
  2. 作成したレイアウトにCSVデータを流し込む
  3. データを含む結合ドキュメントを作成
  4. 結合ドキュメントでフォント等の微調整
  5. 結合ドキュメントをPDF書き出し(印刷データ)

という内容を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で