アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

紅の対決!アサヒ ドライ プレミアム VS サッポロ ミュンヒナー デュンケル (香ばしき闘い編)

1744 views

またしてもコンビニ勃発した同ジャンル対決! 今回は、アサヒ VS サッポロ の麦芽の香ばしさ対決なのである。

香ばしき麦芽の闘い

さっそく対決

それぞれをグラスに3度注ぎで入れ、豪快に飲み干す!ルールはそれだけ。

香ばしき麦芽の闘い
サッポロのグラスに注がれる時点で、アサヒにアウェイ感が漂う。

 

香ばしき麦芽の闘い
左側にアサヒ ドライ プレミアム 煎りたてコクのプレミアム 香ばしきコクのドライプレミアム
右側にサッポロ ミュンヒナー デュンケル 欧州四大セレクション

 

香ばしき麦芽の闘い
いつものように、3度注ぎの1回目は豪快に泡を立てる。

 

香ばしき麦芽の闘い
泡の色のちがいがはっきりしている。ミュンヒナー デュンケルは黄色が強く、ドライ プレミアムは真っ白だ。

 

香ばしき麦芽の闘い
2回目を注ぐ。ドライ プレミアムの泡立ちがハンパなく元気だ。

 

香ばしき麦芽の闘い
ミュンヒナー デュンケルの泡の減退が激しい。

 

香ばしき麦芽の闘い
そろそろミュンヒナー デュンケルに3度目を注がなければならない。

 

香ばしき麦芽の闘い
泡の関係でタイミングが難しかった。星を基準に、だいたいこのアタリで勘弁して飲みます。

 

飲みのながらメモしたこと

ミュンヒナーデュンケル
ホップが苦甘
クチに入れた時のホップの強さ
そのホップの味の変化がよくわかる
ホップの苦味と香ばしさが
バランスよく、喉に流れる

 

ドライ プレミアム
冷たい!そして喉を通る瞬間にホップ
その後、下に苦味が程よく効いてくる。
ホップ感はこちらの方が強い。

 

ビールの液体としての水温は同じはずなのに
クチに感じる温度は、まるっきりちがう。

 

ミュンヒナー デュンケルは柔らかで丸みを帯びた液体
ドライ プレミアムは冷たく尖った液体

麦芽の香ばしさとコクはミュンヒナー デュンケル方が感じやすい。
ドライ プレミアムは全体が香ばしいので、変化による気付きがしづらい
ミュンヒナー デュンケルは泡がやや大きく感じられ早く消えてしまう。

香ばしさを一気に喉に流し込むならドライ プレミアム
香ばしさを楽しみながら、チビチビ飲めるのがミュンヒナー デュンケル

あなたはどちらを選びますか?

わたしはミュンヒナーデュンケル(ミュンヘンの濃い色ビール)に軍配をあげました。

 

詳細情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で