アイアムビリーバー |

夢想家でも出来たことやったこと

「ザ・ゴール」17年間翻訳が禁じられていたいわくつきつきの一冊!

2539 views

まず、この「ザ・ゴール」のロゴだ。このロゴ、絶対どこかで見たことがある! そう思ったと同時に、コミック版ならきっと時間を短縮して、そのエッセンスを吸収できる。迷わず購入しましたが、その思いは間違いではありませんでした。

ビジネス書の中で、「ゴール」と言われると、「目的の達成」だと誰もが直感します。事業を永続的に運営するためには、お金(利益)が必要になり、利益をあげることは「目的の達成」を測る指標になります。「ザ・ゴール」の中では、「目的の達成」を3つの指標で計測しています。

3つの指標

・スループット
・在庫
・業務費用

 
・スループットとは、販売を通じてお金を作り出す割合
・在庫とは、販売しようとする物を購入するために投資したすべてのお金
・業務費用とは、在庫をスループットに変えるために費やすお金

いくら生産しても在庫が大量に残っていると、会社にお金は残りません。「ザ・ゴール」では、この3つの指標の具体的な運用方法を描いています。

読後、1番納得したこと

人が考えるようになるためには、命令形の「!」マークよりも、疑問形の「?」マークの方がはるかにいい


ヒントやテクニックを現状に置き換えて考えるプロセス。そのプロセスを自己消化することで問題は解決します。そのプロセスを他人に頼ると必ず失敗する。単純に「褒めて育てる」的なことがもてはやされていますが、いかに思考させ、問題を解決し、達成感でモチベーションをあげるのかを考える必要があると私は思います。

褒められた喜びと、達成した喜び、あなたはどちらが大きいですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で